Engagebot利用規約

Engagebot > Engagebot利用規約

 

第1条 規約の適用
「Engagebot利用規約」(以下、「本規約」といいます)は、株式会社REACT (以下、「当社」といいます)が提供する、ボットシステム最適化SDK及び運用管理サイト及び、ユーザー分析機能その他付随関連するサービスを総称したサービス「Engagebot」を利用しようとする利用者等と当社の間に適用される利用契約です。

第2条 用語の定義
本規約で使用する用語の定義については、本規約に定めるほか、次に定める定義に従うものとします。
1.「Engagebot」
当社が提供する「Engagebot」というボットシステム最適化SDK及び運用管理サイト及び運用管理サイト等を指し、ユーザー分析機能その他付随関連するサービスの総称をいいます。 なお、当社はEngagebotにおける機能の追加・削除等、当社の判断においてEngagebotを拡張・変更することができるものとします。

第3条 利用料
1.Engagebotに関する利用料及び支払条件については、個別の申込書の記載に従うものとします。
2.Engagebotの利用料の支払いは、当社が指定する銀行口座にお振込み願います。振込み手数料は利用者負担となります。
3.EngagebotのSDKを入れているだけでは課金はされません。管理サイトを通して連携して使用した場合に課金が発生します。

第4条 データについての取扱い
1.Engagebotにおいて当社サーバー内に蓄積された、ユーザーや設定に関するデータ(以下、「データ等」という)及びそれらデータのバックアップに関して、当社は一切責任を負わないものとします。
2.Engagebotを通じて得たユーザーの属性・課金その他の分析データ等、当社が適法に取得しているデータ等に関して、Engagebotの改善・改良のために当社が利用することを、利用者は承諾するものとします。
3.当社は、利用者を特定する情報を含まない情報により構成される統計的資料及び配信時の参考資料として設定データを利用することが出来るものとします。

第5条 本規約の変更
1.当社は、本利用規約を適宜変更することができるものとします。 なお、改訂に際しては電子メール又は管理画面などを使い随時、利用者に告知するものとします。
2.前項に基づき、本規約改訂を告知した日から当社が定める期間(定めがない場合は告知の日から1週間)以内に退会の申し出がなく、継続してEngagebotをご利用の場合には、本利用規約の改訂に同意したものとみなされ、利用者と当社との間で改訂後の規約の効力が発生するものとします。
3.利用者は、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知又は不承諾を申し立てることはできないものとします。

第6条 利用期間
1.Engagebotの最低利用期間は1年とし、契約の段階で結んだ期間を優先するものとします。
2.登録削除等をご希望の場合は、利用停止の1ヶ月前までに、当社所定の方法により利用の中止手続きを行ってください。 但し、登録削除依頼ののち、利用停止した利用者は、再度利用申し込みをいただいても、新規登録となるため、過去のデータを利用することはできません。
3.期間満了の1ヶ月前までに、当社または利用者のいずれか一方より利用中止の意思表示がない場合には、同一条件にてさらに自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。 なお、利用中止の手続きをした日の属する月の月額利用料金については発生するものとし、日割りによる返金対応等はできませんので、予めご了承ください。

第7条 利用者審議
当社は、本サービスの利用申込みに対して審査を行い、本サービス利用希望者が次の各号のいずれかに該当する場合には、申込みを承諾しない場合があります。
(1)申込内容に虚偽が含まれていることが明らかになった場合
(2)当社の競合他社等、当社の営業秘密等を調査する目的で利用申込みをしていることが明らかになった場合
(3)過去に本規約違反等により、本契約を解除されている場合
(4)本規約に違反して本サービスを利用するおそれがある場合
(5)その他当社が適当でないと判断した場合

第8条 外部サービスが定めるガイドラインへの準拠
契約者は、本サービスを利用するにあたり、App Store、Google Play、LINE Messaging API やFacebookメッセンジャーが定めるガイドライン(以下「各種ガイドライン」といいます。)に準拠し、ボットを製作の際に使われるそれぞれのプラットフォーマーのガイドラインにも準拠します。契約者サービスのユーザー(以下「アプリユーザー」といいます。)がユーザー行動情報を送信する際の事前許諾を得る等、各種ガイドラインに抵触してはならないものとします。

第9条 損害賠償
1.当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当した場合には、契約者に対して損害賠償請求を行うことがあります。
(1)契約者が故意に本サービス用設備へ過大な負荷をかけるなどの操作を行った場合
(2)本サービス用のシステムを解析するなどの不正使用を行った場合
(3)その他本規約に違反する行為により当社が損害を受けた場合
2.当社が損害賠償義務を負う場合、契約者が当社に本サービスの対価として支払った総額を限度額として賠償責任を負うものとします。
3.前項の規定にかかわらず、本契約が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合であり、かつ、①当社の軽過失により契約者に損害を与えたときには、当社は、当該契約者が当社に対して支払った利用料金(第6条参照)の額を上限に賠償を行い、②当社の故意または重大な過失により当該契約者に損害を与えたときには、当社は、法令の規定に従い賠償を行います。

第10条 その他協議事項
利用者及び当社は、本規約または本規約に定めのない事項や各条項の解釈に疑義が生じた場合には、その都度誠意をもって協議し、解決するものとします。

以上

制定 2017年10月01日
改定 2020年01月29日